どっちが得

不動産会社に、不動産の査定や売却の依頼をする際、売却か賃貸のどちらの資産活用がメリットがあるのかといった相談をすることができます。 これが、売るか貸すか、どちらがおトクかが分かる、売却・賃貸W査定と呼ばれるものです。

W査定とは、詳細な項目を含めてお客さまの状況に合わせたシュミレートを行い、最適なプランをアドバイスしてもらえる査定サービスです。 転勤が理由のため、いつか戻ってくる可能性があるといった人や、急いで売る必要がないため、賃貸ば売却のどちらがメリットがあるのか見極めたいといった人にはピッタリです。

実際には、売却価格と家賃収入との比較シミュレーションを行い、一人ひとりに合った活用方法を提案してもらえます。
売却するメリットとしては、次の不動産の購入など、身軽にライフプランが見直せるといった点や、売却額を確定できるため、将来的に下落するリスクを回避できるといったメリットがあります。

賃貸に出すメリットとしては、住み慣れた住まいにいずれ戻ってくることができるといった点や、住宅ローンなどがなければ、定期収入が見込めるといった点が考えられます。

また、それぞれにデメリットも伴ってきますので、専門家である不動産会社にしっかりと相談した上で、理想の不動産の活用方法を検討することができます。 所有の不動産の活用方法を知りたい人は、査定の依頼の際に、相談するようにしてください。